矯正歯科治療とは-愛知・名古屋市・名古屋駅前の矯正歯科なら仕上がりの美しい酒井矯正歯科クリニック

豊富な経験と実績。愛知(名古屋・名古屋市)の矯正歯科・矯正なら当医院にご相談ください。

完全予約制 ご予約・お問い合わせは
052-581-3941

診療時間 / 9:00~12:30・14:00~18:30
土曜日  / 9:00~12:30・13:30~18:00
休診日  / 木曜・日曜・祭日

矯正歯科治療とは

矯正歯科治療とは

そもそも、矯正歯科治療とは何でしょう?

矯正歯科治療とは、歯並びや噛み合わせが悪いとき、一定の力を加えて歯を正しい位置に移動させる治療です。

では、なぜ歯は動くのでしょうか。それは、歯には力を加えられると動く性質があるからです。この力を利用して行うのが矯正治療です。

悪い歯並びや噛み合わせは病気ではありませんが、虫歯や歯周病になりやすく、咀嚼機能や発音などに悪い影響を与えます。また、見た目の美しさも損なわるためコンプレックスを感じる方もいるほどです。

こうした問題は、矯正歯科治療を行うことで改善することができます。それだけでなく、噛み合わせたときに均一に力が加わるので、歯に負担をかけずに済みます。また、顎関節や口の周りの筋肉などを良い状態に保つことができるため、バランスの取れた顔立ちを作ることができます。

歯は一生使うもの。だからこそ、時間をかけてでも矯正歯科治療を受けることをおすすめいたします。

5つの治療目標で、審美性・機能性を実現

矯正治療の目的は、正しい噛み合わせと歯を支える歯周組織の健康、顎関節の位置、そして美しい口元のラインを作ることにあります。これらはお互いに影響し合い、全てを改善してこそ初めて、安定した噛み合わせと整った歯並びを手に入れることができます。

当院では、理想的な矯正治療を行うための5つの治療目標を掲げております。それらを一つひとつクリアしながら、理想の歯並び・噛み合わせへと導いていきます。

<5つの目標>

1. 歯並びの変化

第一の目的は「歯並びを整える」ことです。八重歯や出っ歯、すきっ歯などの乱れている歯並びを、歯の位置を少しずつ動かしながら、理想的な歯並びに整えていきます。これは、前歯だけでなく、奥歯を含めた全ての歯を整えることを意味します。

2. 噛み合わせの変化

第二の目的は「正しい噛み合わせ」です。上下の歯がしっかり噛み合い、歯の機能が充分に発揮できるよう、噛み合わせを治していきます。また、歯にすき間があったり、上下の顎にズレがあると「サ行」「パ行」などの発音が不明瞭になることがありますが、噛み合わせを治すことで改善できます。

3. 顔立ちの変化

第三の目的は「顔立ちの印象の改善」です。1本1本の歯の位置をきちんとコントロールすることで「口元が出ている」「笑った時に歯茎が気になる」などといった口元や顔立ちなどの見た目が解消できます。

4. 歯の周りの組織の変化

第四の目的は「歯根を歯槽骨の中に戻す」ことです。通常、歯の根(歯根)は骨(歯槽骨)の中に埋まっています。これに対し、乱れた歯並びは骨からはみ出し、歯周病の原因にもなっています。そこで矯正治療で歯根を骨の中に戻します。問題を解決するだけでなく歯茎のラインを揃え、歯周病のリスクを減少させる上でも重要となります。

5. 顎の関節と歯の並びの関係性の変化

第五の目的は「歯と顎の関節を正しく機能させる」ことです。ヒトの歯は、肉食動物と草食動物の両方の歯の機能を備えており、顎関節が肉食動物の行う上下運動と、草食動物特有の円運動ができる形状をしています。

顎関節がズレて歯並びが悪くなると、歯や顎関節に負担がかかり、噛み合わせなどの機能面に悪影響を与えます。このように顎関節と歯が本来の役割を発揮できるように歯並びを治すことが、矯正治療の目的となります。

スプリント治療~安心、安全に治療をするために~

歯を動かす治療に入る前に、診断の一つのステップとして噛み合わせの状態、下の顎の位置、顎関節(がくかんせつ)の状態をチェックする場合があります。

程度の差はありますが、ほとんどの患者さんは顎関節をずらして上下の歯を噛み合わせています。また、口を開け閉めした時に、カクッと音がしたり、痛みがでることがあります。この顎関節の状態をできるだけ良い状態にした時、下の顎はどれ程ずれているのか、上下の噛み合わせのずれはどの程度なのか、本当に理解できます。

小さい子供でもすでに顎関節のずれが大きく、また骨の吸収変化が起きている場合もあります。関節円板がズレていることもよくあります。この場合、すぐに矯正治療で歯を動かして大丈夫か確認する必要があり、その時スプリントを用います。

<治療前>

下顎の先端部分(下顎頭)が下の方に大きくズレています。これでは顎の関節が常にゆるんだ状態になっています。

この状態から歯を動かす治療を始めると、治療中に下顎のズレがあらわれたり治療終了してからズレたりします。後から気がついても手遅れです。

これがスプリントです。

<治療後>

スプリント治療により、下顎頭が上の方へあがり、関節窩に下顎頭がしっかりおさまっているのがわかります。

この状態から歯を動かす治療を始めます。下顎のズレがはっきりしているため『安心、安全』に治療を進められます。

医院よりお知らせ

  • 2020.03.17

    4月の休診日は、通常の 日曜日、祝祭日、木曜日を休診とさせていただきます。

  • 2020.02.26

    ホームページをリニューアルしました。