トップへ » 医師紹介・経歴 » 祖父、父を見て。私の役割は質の高い矯正治療を継承し、次に繋げること。

祖父、父を見て。私の役割は質の高い矯正治療を継承し、次に繋げること。

副院長こんにちは。副院長の酒井聡です。
当院は、祖父・父・私と3代に渡る歯科医院です。私は幼い頃から、先代にあたる祖父(酒井隆)と99歳で他界するまで一緒に暮らし、そばで歯科治療を見てきました。祖父は患者さんに入れ歯を装着した後、噛みづらい食べ物の代表である"たくあん"を食べることができるか、その場で患者さんと必ず確認してから治療を終えていたことがとても印象的でした。そんな患者さんの信頼を一つ一つ積み重ねる祖父の姿を見て、歯科医師になりたいと思うようになりました。

また、私が中学生頃に顎関節症と不正咬合となったことで現院長(酒井優)の仕事を知ることになります。口が開きづらく、身体が疲れやすいという症状も持っていたため、当院で顎関節症治療と矯正治療を行いました。治療中は装置を着けたまま生活しなければいけないので大変でしたが、治療が終わってからは頭痛や疲れがなくなり、しっかり噛める生活ができていることに気がつきました。当時はピンときませんでしたが、この経験が後に矯正専門医になるきっかけになり、現在の仕事に活かされていると思います。

もともと美術や工作が得意で、一時は芸術の道に進もうかと思ったこともありました。矯正治療には、芸術的な要素が多分に含まれています。治療を終えた結果、得られる整った歯並びや口元・顔立ちの美しさは、まさに医学と芸術の融合と言えるのではないのでしょうか?
私にとっての矯正治療は、患者さんと心を通い合わせ、ともに美しさと健康を追求していく仕事だと思います。矯正専門医になってよかったと、心から思います。

これからも地域の皆さんに貢献できるよう一つ一つ積み重ねて行きたいと考えております。



副院長プロフィール副院長プロフィール
酒井矯正歯科クリニック 副院長 酒井 聡(さかい さとし)
おうし座 A型
東京歯科大学 卒業
東京医科歯科大学医歯学総合研究科(顎顔面矯正学) 歯学博士
酒井矯正歯科クリニック 勤務

日本矯正歯科学会 会員 認定医
日本顎関節学会 会員
日本顎変形症学会 会員
日本口蓋裂学会 会員
Roth/Williams International Society of Orthodontists 会員
WFO(World Federation of Orthodontists:世界矯正歯科連盟) 会員

私たちは、「良い咬み合わせのスゴさ、笑顔の美しさや尊さ」を伝えられたら
と思っています。


トップへ » 医師紹介・経歴 » 祖父、父を見て。私の役割は質の高い矯正治療を継承し、次に繋げること。


コールバック予約