トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 私たちの治療目的 » 抜歯についての考え方

抜歯についての考え方

抜歯についての考え方私たちドクターは、できるだけ健康な歯を残すために努力しています。それにも関わらず、抜歯が必要な場合があります。

不正咬合や不正歯列の多くは、歯と顎の大きさの不調和が原因です。特に顎が狭い日本人は、歯が並ぶスペースが不足し、はみ出してしまいます。この問題を解決するには、歯を横方向、前・後方向に動かすか、歯の数を減らしてスペースを確保しなければなりません。

当院の矯正治療の目標は、「歯を美しく・機能的に並べる」ことです。したがって、歯が移動するスペースが確保できないときは、止むを得ず抜歯が必要となります。もちろん、診断の結果、充分にスペースを確保できると分かれば、歯を抜くことはありません。

抜歯・非抜歯の診断は、精密検査の結果を基に患者さんのご要望と合わせて最終的に判断します。それぞれのメリット・デメリットを詳しくご説明いたしますので、ご不安な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

口元の突出を理由に4本抜いた例
<治療前>
口元の突出を理由に4本抜いた例
口元が突出し、唇が閉じれない。上手にフルスマイルできない。歯のサイズは大きく、前方に突出している。
下へ

<小臼歯4本抜歯>
口元の突出を理由に4本抜いた例

下へ

<治療後>
口元の突出を理由に4本抜いた例
口元がスッキリして、口の周りの筋肉もリラックス。スマイルも美しい!歯の前方への突出もなくなり、しっかり噛めています。歯茎も美しい!


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 私たちの治療目的 » 抜歯についての考え方


コールバック予約