トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 矯正歯科治療とは » 5つの治療目標で、審美性・機能性を実現

5つの治療目標で、審美性・機能性を実現

5つの治療目標矯正治療の目的は、正しい噛み合わせと歯を支える歯周組織の健康、顎関節の位置、そして美しい口元のラインを作ることにあります。これらはお互いに影響し合い、全てを改善してこそ初めて、安定した噛み合わせと整った歯並びを手に入れることができます。

当院では、理想的な矯正治療を行うための5つの治療目標を掲げております。それらを一つひとつクリアしながら、理想の歯並び・噛み合わせへと導いていきます。

<5つの目標>
1. 歯並びの変化
第一の目的は、「歯並びを整える」ことです。八重歯や出っ歯、スキッ歯などの乱れている歯並びを、歯の位置を少しずつ動かしながら、理想的な歯並びに整えていきます。これは、前歯だけでなく、奥歯を含めた全ての歯を整えることを意味します。

2. 噛み合わせの変化
第二の目的は、「正しい噛み合わせ」です。上下の歯がしっかりと噛み合い、歯の機能が充分に発揮できるよう、噛み合わせを治していきます。また、歯にすき間があったり、上下の顎(あご)にズレがあったりすると、「サ行」「パ行」などの発音が不明瞭になることがありますが、噛み合わせを治すことで改善できます。

3. 顔立ちの変化
第三の目的は、「顔立ちの印象の改善」です。1本1本の歯の位置をきちんとコントロールすることによって、「口元が出ている。」「笑った時に歯茎が気になる。」などといった口元や顔立ちなどの見た目が解消できます。

4. 歯の周りの組織の変化
第四の目的は、「歯根を歯槽骨の中に戻す」ことです。通常、歯の根(歯根)は骨(歯槽骨)の中に埋まっています。これに対し、乱れた歯並びは骨からはみ出し、歯周病の原因にもなっています。そこで矯正治療で歯根を骨の中に戻します。これは、問題を解決するだけでなく歯茎のラインを揃え、歯周病のリスクを減少させる上でも重要となります。

5. 顎の関節と歯の並びの関係性の変化
第五の目的は、「歯と顎の関節を正しく機能させる」ことです。ヒトの歯は、肉食動物と草食動物の両方の歯の機能を備えており、顎関節が肉食動物の行う上下運動と、草食動物特有の円運動ができる形状をしています。

顎関節がズレて歯並びが悪くなると、歯や顎関節に負担がかかり、噛み合わせなどの機能面に悪影響を与えます。このように顎関節と歯が本来の役割を発揮できるように歯並びを治すことが、矯正治療の目的となります。


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 矯正歯科治療とは » 5つの治療目標で、審美性・機能性を実現


コールバック予約