トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 治療の期間・流れ » 治療の流れ

治療の流れ

治療の流れ1.カウンセリング(¥3,240)
歯並びや噛み合わせで気になっていることやお悩みを詳しく伺います。お口の中を見せていただいた後、歯並びの問題点や一般的な矯正治療の流れ、費用について分かりやすくご説明いたします。
下へ

2.精密検査
顎(あご)の成長のバランスや位置関係、歯の状態を知るためにレントゲン写真、歯型、顔やお口の写真、顎の動きを検査します。また、当院の特徴である、顎の関節の状態を見るためのCTを必ず撮ります。
下へ

3.診断・治療計画の説明
精密検査の結果をご報告し、考えられる治療の選択肢をご説明いたします。それぞれの治療方針・期間、メリット・デメリット、費用についても詳しくご説明いたします。治療へのご希望や疑問・ご不安などをお聞きして納得いただいた治療法で矯正治療を進めていきます。
下へ

治療の流れ4.治療
矯正装置を装着します。装置を装着したら1ヶ月に一度、来院していただき、ワイヤーの交換や矯正装置の調節をしながら歯を動かしていきます。また、来院毎に歯磨きの練習や歯のクリーニング(PMTC)を行い、虫歯や歯周病の予防をしながら治療を続けていきます。
下へ

5.メインテナンス
治療が終了してからが一番大切です。美しい噛み合わせをキープするために半年もしくは1年に1回は必ずメインテナンスをしましょう。

(1)噛み合わせの調整
どんなにきれいに歯が並んでいても、上下の歯が均等な力で接触していなければ長い期間の噛み合わせの安定は得られません。強くあたりすぎている歯から動き出すことがあり、定期的に噛み合わせのバランスをチェックする必要があります。強くあたるところは、歯の表面を数ミクロン程削り調整します。

(2)歯、歯周組織のチェックとクリーニング
歯や歯周組織(歯茎、歯槽骨)が健康な状態でなければ、歯は動きやすく長い期間の噛み合わせの安定は得られません。定期的に歯科衛生士さんのクリーニングを受けることで美しい噛み合わせをキープしましょう。

(3)リテーナー(保定装置)の調整
長い間、リテーナーを使用していると、ゆがんだり、ゆるくなったり、はまらなくなったりすることがあります。その状態の装置を口の中に入れ続けることは噛み合わせを壊す原因になります。リテーナーも定期的なチェックが必要なのです。なくしてしまったら作り直しますので、すぐにご連絡してください。

保定装置について


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 治療の期間・流れ » 治療の流れ


コールバック予約