トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 治療の期間・流れ

治療期間について

「矯正治療の治療期間の目安を教えてください。」

カウンセリング時に多い質問が治療期間についてです。個人差もありますが、一般的な治療期間は2年6ヶ月~3年程度といえるでしょう。

治療期間について

短期間の治療にはデメリットがあります
歯の動く範囲は1ヶ月に1㎜程度と極わずかです。それ以上歯を無理に動かそうとすると強い痛みが生じ、歯根や歯槽骨への損傷を与えます。

一度傷ついた組織は元に戻ることはありません。これは矯正治療の基本です。そしてかえって治療期間が長引いてしまいます。患者さんの身体に負担を与えないためには、ゆっくり時間をかけて動かしていかなければなりません。そのため、最低でも2年〜3年は必要です。

大切なことは、早く歯を動かすことではありません
大切なことは、早く歯を動かすことではありません。一生涯、自分の歯で過ごせる歯を作ることです。長い矯正ライフを楽しんでいただけるよう、患者さんと二人三脚で治療を進めていきますので、最後まで頑張りましょう!

なお、結婚式前や留学などでお急ぎの方は、一度ご相談ください。最適な治療方法をご提案いたします。

※尚、治療期間は個人差があります。毎月きちんと通院していただいた方の目安です。

治療の流れ

治療の流れ1.カウンセリング(¥3,240)
歯並びや噛み合わせで気になっていることやお悩みを詳しく伺います。お口の中を見せていただいた後、歯並びの問題点や一般的な矯正治療の流れ、費用について分かりやすくご説明いたします。
下へ

2.精密検査
顎(あご)の成長のバランスや位置関係、歯の状態を知るためにレントゲン写真、歯型、顔やお口の写真、顎の動きを検査します。また、当院の特徴である、顎の関節の状態を見るためのCTを必ず撮ります。
下へ

3.診断・治療計画の説明
精密検査の結果をご報告し、考えられる治療の選択肢をご説明いたします。それぞれの治療方針・期間、メリット・デメリット、費用についても詳しくご説明いたします。治療へのご希望や疑問・ご不安などをお聞きして納得いただいた治療法で矯正治療を進めていきます。
下へ

治療の流れ4.治療
矯正装置を装着します。装置を装着したら1ヶ月に一度、来院していただき、ワイヤーの交換や矯正装置の調節をしながら歯を動かしていきます。また、来院毎に歯磨きの練習や歯のクリーニング(PMTC)を行い、虫歯や歯周病の予防をしながら治療を続けていきます。
下へ

5.メインテナンス
治療が終了してからが一番大切です。美しい噛み合わせをキープするために半年もしくは1年に1回は必ずメインテナンスをしましょう。

(1)噛み合わせの調整
どんなにきれいに歯が並んでいても、上下の歯が均等な力で接触していなければ長い期間の噛み合わせの安定は得られません。強くあたりすぎている歯から動き出すことがあり、定期的に噛み合わせのバランスをチェックする必要があります。強くあたるところは、歯の表面を数ミクロン程削り調整します。

(2)歯、歯周組織のチェックとクリーニング
歯や歯周組織(歯茎、歯槽骨)が健康な状態でなければ、歯は動きやすく長い期間の噛み合わせの安定は得られません。定期的に歯科衛生士さんのクリーニングを受けることで美しい噛み合わせをキープしましょう。

(3)リテーナー(保定装置)の調整
長い間、リテーナーを使用していると、ゆがんだり、ゆるくなったり、はまらなくなったりすることがあります。その状態の装置を口の中に入れ続けることは噛み合わせを壊す原因になります。リテーナーも定期的なチェックが必要なのです。なくしてしまったら作り直しますので、すぐにご連絡してください。

保定装置について

矯正装置(ブラケット)の除去からメインテナンスまでの流れ

1.歯列の後戻りを防ぐための装置「リテーナー」を作るためにお口の中の型取りを行います。(所要時間:1時間程度)
下へ

2.お口の中の矯正装置を全て外し、きれいにクリーニングした後、「リテーナー」をセットします。

このリテーナーは食事以外の24時間はなるべく装着するようにお願いしています。(所要時間:2時間程度)
下へ

流れ3.装置が取れた後の噛み合わせや、顎(あご)の関節の状態が改善されているかどうかを確認するため、最終的な検査を行います。(所要時間:2時間程度)

<検査内容>
・側面セファロレントゲン撮影
・正面セファロレントゲン撮影
・パノラマレントゲン撮影
・顎関節のCT撮影
・マウント模型作製
・顎運動の計測
下へ

4.お口の中のチェックと前回の検査結果のお話をさせていただきます。未成年の方はもちろん、ご希望の方は、ご家族の方と一緒にご来院下さい。(所要時間:1時間半程度)
下へ

5.3ヵ月間隔の定期メインテナンスに入ります。来院日にはお口の中のチェックと、リテーナーをきれいに研磨したりします。また、患者さんからも何か気になる点などございましたら、ぜひお話し下さい。(所要時間:30分程度)
 

歯を動かした後に使う保定装置について

取り外しのできるタイプ
●ポジショナー(TP)
保定装置矯正装置によって歯を動かす段階は終わりましたが、装置では動かせなかった最後の微調整を行うことがポジショナーの目的です。この装置により、さらに良い機能的な噛み合わせが完成します。

ポジショナーは取り外し式のものですから、患者さんの協力が必要です。できる限り長い時間、ポジショナーを入れるようにしましょう。そしてポジショナーを入れている間は、つぎに説明する3分間エクササイズをできるだけ行ってください。ただし、顎(あご)に痛みを感じたときは、無理をせず様子をみてください。

<3分間エクササイズ>
ポジショナーをはめたまま、10秒間強く噛む、ゆるめる、強く噛むという動作を3分間繰り返し行う運動です。

<ポジショナー装着時間の目安>
初めの3日間:24時間
4〜7日目:日中(8時間)+夜間(8時間)
8〜21日間:日中(4時間)+夜間(4時間)
※あくまでも目安ですが、できるだけ守るように心がけてください。初めての3日間は、食事と歯磨きのとき以外はポジショナーがお口の中に入っている状態となります。

●リテーナー
保定装置完全に歯を動かす段階が終わると、この装置を装着します。始めの1年目は食事以外の24時間です。2年目からは在宅時と就寝時に装着します。

<注意すること>
(1)リテーナーを乾燥させない。(常温の水に浸けておく。)
(2)ナプキンで包まない。(うっかり捨てるもとになります。)
(3)ポケットの中に入れない。(壊す原因になります。)
(4)置きっぱなしにしない。(犬や猫はおいしそうだと思うでしょう。)
(5)入りずらくなったり、壊れたらすぐ電話しましょう。(ゆがんだり、入りずらくなった物を無理に装着しようとすると、歯並びの後戻りの原因になります。)


保定装置取り外しのできないタイプ
後戻りしやすい下の顎の前歯の裏側に固定するタイプ。取り外しができないので歯と歯の間をよく磨き、歯石が溜まらないようにしましょう。

関連ページリンク

当院が選ばれる6つの理由
カウンセリング治療費について治療の期間・流れ
矯正歯科治療とは 目立たない矯正装置 子供と中高生の矯正
大人の矯正 部分矯正顎変形症の治療についてあなたの歯並びはどれ?
私たちの治療目的保険適用の治療患者さんの声よくあるご質問

医師紹介・経歴
スタッフ紹介求人情報医院の歴史院内ツアーアクセス・診療時間
診療日カレンダー プライバシーポリシー

カウンセリング+相談を実施しています

カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 治療の期間・流れ


コールバック予約