トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 子供と中高生の矯正 » 咬合器を使った精度の高い検査

咬合器を使った精度の高い検査

咬合器を使った検査そもそも、矯正治療は噛み合わせを変化させる治療です。

顎関節に問題を抱えたまま治療を進めると、かえって関節に負担を与え、症状を悪化させる可能性もあります。こうしたことを避けるために、CPIやスプリント検査を使い、咬合の状態や下顎の位置、顎関節の状態をきちんと確認し、正確な診断を行います。

時々、不正咬合のお子さまの頭部レントゲンを撮影すると、顎(あご)の関節がズレていることがあります。効果の高い矯正治療を行うには、顎の関節のズレを正確に把握することから始めることで、噛み合わせを十分考慮した治療ができるかと思います。


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 子供と中高生の矯正 » 咬合器を使った精度の高い検査


コールバック予約