トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 子供と中高生の矯正

【子どもの矯正ガイド】気になったときには、まずご相談を

子供の矯正治療の目的は、キレイな歯並びと噛み合わせを作る土台づくりです。

この時期に受ける治療は、お子さまの一生を左右します。少しでも気になることがありましたら、早めにご相談ください。

気になったときには、まずご相談を

早目の来院をオススメしています
当院では、お子さまの年齢に合わせた適切な治療を行うために、できるだけ早めのご来院をおすすめしています。早期治療でお子さまの成長を見守るとともに、成長に合わせた適切な治療を行います。

早期治療には治療期間の短縮や、安定した治療結果、手術の回避など様々なメリットがあります。

<早期治療のメリット>
(1)永久歯になったときの治療が簡単になる、あるいは抜歯せずに治療できる可能性が高まります。症例によっては、永久歯列になったとき本格的な治療を必要としない場合もあります。
(2)出っ歯や反対咬合(受け口)など骨格的な問題が大きい場合、早期に顎の大きさを広げていくことによって、手術を回避する可能性が高まります。
(3)歯の動きが早く、治療期間が短縮できます。
(4)矯正治療に伴う歯肉退縮や歯根吸収などが起こりにくくなります。

お子さまの、こんな気になる症状はありませんか?

子どもの矯正食事中、お子さまが食べている様子をじっくりご覧になったことがありますか?

・食べるのが遅い。
・噛みたくても上手く噛めない。
・飲み込みづらそうにしている。

もし、このような症状があれば、歯並びや噛み合わせが影響している場合があります。

日本人の骨格は下顎が狭く、顎(あご)の関節(顎関節)の働きが弱くなっています。すると関節は顎を支えきれなくなり、前後にズレ、やがてバランスを崩します。最初は小さなズレですが、徐々に大きくなり、やがて噛み合わせにも悪影響を与えます。

顎関節のズレは、定期的に観察をすれば、治療時期を見極めることができます。当院では、お子さまの矯正治療でも、CT撮影を行い、顎関節の状態をきちんと確認しております。

咬合器を使った精度の高い検査

咬合器を使った検査そもそも、矯正治療は噛み合わせを変化させる治療です。

顎関節に問題を抱えたまま治療を進めると、かえって関節に負担を与え、症状を悪化させる可能性もあります。こうしたことを避けるために、CPIやスプリント検査を使い、咬合の状態や下顎の位置、顎関節の状態をきちんと確認し、正確な診断を行います。

時々、不正咬合のお子さまの頭部レントゲンを撮影すると、顎(あご)の関節がズレていることがあります。効果の高い矯正治療を行うには、顎の関節のズレを正確に把握することから始めることで、噛み合わせを十分考慮した治療ができるかと思います。

しばらく様子をみると言われる場合とは?

せっかく、矯正歯科のオフィスを訪ねたのに、何もしないで様子をしばらくみると言われて拍子抜けすることがあります。成長中の患者さんは、現在気になっている問題が成長と共に変化する場合がありますので、様子をみることが意外と多いのです。

治療が必要なのか、必要とすればいつ始めるか。ベストの結果を出すためには正しい判断が必要です。経過観察も治療と同様に重要な矯正歯科医の仕事です。

子供の矯正
この患者さんの場合は、小さい頃はそれほど下顎の前突感は強くありませんでしたが、中学生頃より下顎の成長がさらに前方に大きくなりました。


顎の成長について
(1)上の顎の成長
顔の長さが成長期に大きくなる時、上の顎(あご)も同様に下方と前方に大きくなります。

(2)下の顎の成長
上の顎の成長がストップしても、しばらく下の顎の成長は続きます。女性で15歳頃、男性で17歳頃まで成長します。この下顎の成長方向には個人差があり、普通は前下方に成長して大きくなりますが、下方に大きく成長する人と前方へ大きく成長する人もいます。この下顎の成長方向によって顔立ちが異なっていきます。

(3)下の顎の成長が大きな場合
遺伝の影響もありますので、家族・親族に下顎の大きく成長している方がいないかをチェックする必要があります。このタイプの場合、女性で17歳頃、男性で20歳頃まで下顎が成長します。途中で直しても、下顎がさらに前方へ成長するため噛み合わせは変化してしまいますので、治療のタイミングを図ることが最も重要となります。

子供の矯正で使う矯正装置

子供の矯正で使う矯正装置ヘッドギア
上顎の成長が強すぎるために起きる上顎前突や出っ歯に適応し、上顎・第一大臼歯から後方に力をかけ、頭部から後ろに引っ張るようにして装着します。取り外しが簡単にでき、就寝時および自宅内で使用します。

力のかけ方によって上顎の成長を抑えたり、あるいは上顎の奥歯を後方に移動させます。力の加え方を調整していきながら顎(あご)の成長をコントロールします。

装置の使用時間によって治療効果は左右されますが、ご本人とご家族の協力が得られればとても効果的な装置です。主に小学生~中学生時の成長期に使用し、上顎の成長・上奥歯の位置がコントロールできれば、永久歯列期の上顎前突の治療において抜歯をしないで治せる場合があります。

フェイシャルマスク
上顎の成長が悪いために受け口になっているときに使用します。おでこと下顎の間についている金具に上顎を前方に引っ張るゴムを取り付けます。これにより、上顎を前方に成長誘導することで受け口を改善します。

小学校低学年から開始し、良好であれば半年程度で治療効果が得られます。取外しが簡単にでき、就寝時もしくは自宅で装着します。

関連ページリンク

当院が選ばれる6つの理由
カウンセリング治療費について治療の期間・流れ
矯正歯科治療とは 目立たない矯正装置 子供と中高生の矯正
大人の矯正 部分矯正顎変形症の治療についてあなたの歯並びはどれ?
私たちの治療目的保険適用の治療患者さんの声よくあるご質問

医師紹介・経歴
スタッフ紹介求人情報医院の歴史院内ツアーアクセス・診療時間
診療日カレンダー プライバシーポリシー

カウンセリング+相談を実施しています

カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 子供と中高生の矯正


コールバック予約